供養 魂入れ(開眼供養)

魂入れ ~開眼供養~

魂入れは、開眼供養(かいげんくよう)、開眼法要、入魂式、お性根入れとも言います。
新しく購入した仏像などは、ただの作り物です。彫刻された仏像や、描かれた仏像に、尊い魂を入れ込み、仏眼を開く儀式が魂入れです。魂入れした仏像は利益をもたらす尊像に生まれ変わります。本尊(曼荼羅)や位牌も同様です。
尊い魂が入った仏像、本尊(曼荼羅)や位牌を安置する事で、気持ちも落ち着き、手を合わせる対象として「利益」が行き渡っているという実感が湧いてきます。
本光寺では、市川市中山にある日蓮宗遠寿院の大荒行堂で伝授された相伝(口伝)、住職が大荒行堂で修行して感得したものをもとに魂入れを行いますので、ご安心くださいませ。

第三十五世住職 尾藤宏明 合掌

魂入れ(開眼供養)しなければならないもの


  • 仏像

  • 本尊(曼荼羅)

  • 位牌

  • お墓

同席できる、来寺、出席での魂入れ(開眼供養)

本光寺では皆様に信頼できる魂入れ(開眼供養)をご案内するために魂入れ(開眼供養)に関する料金をホームページ上に明記させて頂いております。

お客様は、同席の上で直接に魂入れ(開眼供養)をお受けすることができます。個別での魂入れ(開眼供養)になります。

極寒時期(1月・2月)と猛暑時期(7月・8月)は参詣者の身の安全・体調を考慮して「お墓での魂入れ(開眼供養)(屋外)」は行いません。

土曜日・日曜日・祝日(特に午前)は人気のある時間帯なので早めに予約してください。

下記の表は右へスクロールしてください。

種 類 内容・料金
仏像、本尊(曼荼羅)、位牌
(室内)

本堂で、お客様にもお経の本を見ながら一緒にお経を読んでいただきます。 また、お焼香もしていただきますので、丁寧な魂入れ(開眼供養)ができます。

30,000円(約30分)

お墓(屋外) お墓の前で、お客様は合掌していただき、僧侶だけがお経を読んで魂入れ(開眼供養)します。
平日 住職以外 30,000円
住職 35,000円
土・日・祝日 住職以外 40,000円
住職 50,000円

極寒時期(1月・2月)と猛暑時期(7月・8月)は参詣者の身の安全・体調を考慮して「墓前(お墓)での個別法事」は行いません。

別途交通費5,000円~

別途御膳料5,000円

市川市・松戸市・船橋市・鎌ヶ谷市・浦安市・葛飾区・江戸川区以外の場合、交通費が10,000円になります。

本光寺は完全予約制です。インターネットから24時間365日お申込みが可能です。 本光寺では、年間通して24時間開門しており、夜でもお参りできます。

丁寧に対応させていただきます

心より感謝申し上げます
千葉県は千葉市、市川、船橋、浦安、松戸、鎌ヶ谷、八千代、習志野、四街道、市原、茂原、成田、佐倉をはじめ、関東だけでなく全国からのお申込みがあります。
ご参詣お待ちしております
【千葉県】
市川市・松戸市10分、船橋市・鎌ヶ谷市20分、柏市・千葉市・流山市・浦安市・習志野市・八千代市・我孫子市30分、成田市・佐倉市・市原市・東金市・山武郡40分。
【千葉県ほか】
江東区30分、葛飾区・江戸川区40分、杉並区・板橋区・足立区60分、世田谷区・練馬区75分、大田区・町田市・八王子市90分。
越谷市35分、草加市40分、春日部市45分、さいたま市・川口市50分、川越市65分、所沢市70分。
取手市35分、つくば市50分、牛久市55分、土浦市70分。
川崎市60分、横浜市75分、鎌倉市・藤沢市90分。
keyboard_arrow_up