イベント詳細

しあわせの導き祈願所

花崗岩(かこうがん)と砡(ぎょく)の彫刻で構成された山田光造作品「悪縁切り良縁結びの原点」のご紹介です。悪縁切りは源頼政公・良縁結びは愛染明王がご守護神です。

まづは、「みちびきの門」です。西側の高さ1.5メートルの巨石と、東側の高さ1.78メートルの巨石と、中央の砡(ぎょく)を通して、天と地からのお力を体感することができます。

つぎに、「みちびきの祝い札」です。切りたい悪縁・結びたい良縁などの祈願を書き、みちびきの門に貼ります。この札には「みちびきの祝い鳥」が描かれています。

さいごに、しあわせの導き祈願の方法です。みちびきの動作をご説明します。
 

一、参拝者は、寺務所で「みちびきの祝い札(以下、札)」を購入します。
二、札の空間にみちびき祈願文等を記します。
三、札を手にして「みちびきの門(以下、門)」を本堂に向かって潜り抜け、ご本尊様にあいさつをします。
四、札を門にノリで貼りつけます。
五、ご本尊様に感謝の挨拶をして終わりです。
※ 門を潜る行為は往復でも片道でも構いません。
※ 参拝者はご本尊様にあいさつする作法が必要です。

 

「悪縁切り良縁結びの原点」での御祈願は24時間365日可能です。新しい発見とご多幸を楽しんでいただけると思います。
 


赤い布は時と共に避けて一層「切り」の様になり、白い布はリボンで「結び」の様が可愛いです。

 

展示月日 令和 3 年 12 月 26 日

総  称 悪縁切り良縁結びの原点

彫刻作品 みちびきの門
版画作品 みちびきの祝い札
動作作品 みちびきの動作

著作者・著作権利者 山田光造
所有者・展示権利者  本光寺
設置協力石材業者  池田字彫工業
keyboard_arrow_up